【経営者通信】No39 【再婚の場合の相続と生命保険】【ちょっといい話し「決算書を読めていますか?」】

** ごあいさつ **

 朝晩は少し涼しくなってきました。年末から来年にかけ、アメリカが北朝鮮を武力攻撃すると言う話もあります。このような事態になって欲しくありません、平和が続くことを祈っています。

 みな様は「国民保護法」をご存知でしょうか。

先般福岡市における国民保護対策を聞く機会がありました。市町村において、具体的な対策が進行しているようです。福岡市では、担当部署要員が、50名と聞き本格的な対策に向けて動き出しています。

 今回は【再婚の場合の相続と生命保険】
      と【ちょっといい話し「決算書を読めていますか?」】です。

 

** 再婚の場合の相続と生命保険 **

 厚生労働省の調査では、平成28年中に離婚したカップルは、約22万人で2分42秒に一組の割合で離婚しています。婚姻数の概算は年間60万組ですから3組に1組が離婚していることになります。

 このような状況ですから、再婚も増加しています。

 再婚が将来の相続のトラブルになるケースが多々あります。特にお互いの子供の扱いです。

 連れ子同士が結婚した場合、お互いの子供と養子縁組するかしないかで、相続に大きな影響を与えます。
養子縁組をしないと、連れ子は再婚相手の財産について、相続権が発生しません。

 

【例示】

家族構成

夫(再婚) 先妻との子供 長男

妻(再婚) 先夫との子供 長女

このような家族関係で、夫・長女 妻・長男の養子縁組がない場合

 夫が先に亡くなると
財産の1/2(妻)1/2(長男)となります。妻の連れ子の長女には相続権がありません。

 夫のあと、妻が亡くなると
妻が相続した、夫の財産は全て長女が相続します。

 長男から見ると親の財産の1/2を他人に取られることになります。

 このような場合、生命保険をうまく活用すると良いと思います。生命保険の受取人は、受取人固有の財産となります。遺産分割協議の対象とはなりません。

 夫の財産の1/2を生命保険にかけて、受取人を長男にする。そうすると、相続段階では夫の財産の1/4(妻)
1/4(長男)となり、妻の取り分が減少し、ひいては長女の取り分も減少することになります。

 連れ子のある再婚をされた方は、ここのところを良く考える必要がありそうです。

 

** ちょっと良い話し「決算書を読めていますか?」 **

 企業は、毎期決算を行いますが、事前の決算対策を行っていますでしょうか?

 たいていの社長は、損益計算書のみを気にして、貸借対照表は税理士まかせではないですか?

 

決算は、損益計算書より貸借対照表が重要です。

損益計算書:毎期の収益状態を表現するもの
貸借対照表:毎期期末の会社の財産状況を表現するもの

です。

 決算書をまず読むときは、貸借対照表を読む必要があります。なぜ、貸借対照表を読む、又は決算対策をする必要があるのでしょうか?

 企業は、事業資金を銀行借入・増資・毎期の利益でまかないます。事業資金は、事業発展のためになくてはならないものです。

 毎期の利益:事業資金には額が少なすぎて充分ではありません
増資:経営者の個人の資金、又は他人より出資を受ける
簡単にできませんよね
銀行借入:これが一番簡単な方法です

 但し、貸借対照表が銀行与信審査に耐えうるなら!

銀行は、損益計算書より貸借対照表を重要視します。

 だから、決算対策が必要です。

 銀行の企業を見る視点を理解することです。
銀行は、貸借対照表により、その企業の貸金の返済能力を見ます。返済能力が充分な企業のみ融資をします。
返済能力はどのように見ているのでしょうか?

 銀行が見る最低限の経営指標をご紹介します。

 ご自分の会社の経営分析をしてみて下さい。

 1.自己資本比率(純資産/総資産)
    最低20%以上にして下さい

 2.流動比率(流動資産/流動負債)
    最低150%以上にして下さい

 3.当座比率(当座資産/流動負債)
    最低100%以上にして下さい

 4.EBITDA有利子負債倍率
(借入金-現預金)/(営業利益/減価償却費)

 銀行借入を何年で支払えるかの指標です。
 理想は、5以下 10以上には絶対しないように

 どうでしょうか?

 最低限この程度の指標の決算書分析をして下さい。

そして、改善策を日常的に行うことです。

ご質問がありましたらお問合せ下さい。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本     部:福岡市博多区博多駅前4-14-20-902
分事務所 :大分市大平610
VQS株式会社 代表取締役 大石博明
福岡中小企業経営者協会会員
福岡市倫理法人会会員
tel/fax  0120-143-936
直通連絡 080-5288-7326
HP:http://asset-ad.net/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆