【経営者通信】No40 今回は【満期保険金と相続の節税は?】【AI(人口知能)で何が変わる?】

** ごあいさつ **

北朝鮮の、水素爆弾のテストやICBMの発射で、戦争の足音が近づいているような気がします。
国連の安全保障理事会でも、制裁決議がなされました。
また、中国は尖閣諸島の領海侵犯や爆撃機の日本近郊への飛来などもあります。東アジアが世界の火薬庫になったようで、心が休まりませんね!

人は、過去の経験を学習するのが苦手なようです。
平穏な日常を取り戻したいものです。

今回は【満期保険金と相続の節税は?】と【AI(人口知能)で何が変わる?】です。

 

** 満期保険金と相続税の節税は? **

養老保険などを掛けていると、満期保険金を受取ることになると思います。それは、夫の相続財産となり、相続税の対象となります。
せっかく一生懸命蓄財した財産を少しでも有効に使いたですね。
その時に使えるのが、「贈与税の配偶者控除」を使います。

「贈与税の配偶者控除の適用を受けるには」

婚姻期間が、20年以上
奥様が住むための国内の居住用不動産の取得
贈与を受けた奥様が現実に居住し、引き続き住む見込みがあること

を満たせば、2000万円まで配偶者控除を受けることができます。

積極的に検討してみる価値のある制度です。

配偶者控除は、同じ配偶者からの贈与については、一度しか使えません。ご注意を!

 

** AI(人口知能)で何が変わる? **

最近AIの話題がよく出ます。AIが私共の経営環境にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
最近言われていることの一つに、車の自動運転があります。特に、運送業界での導入が速そうです。

長距離運送のトラックの運転です。高速道路を一台のトラックのあとに2台3台と追尾運転させる。もちろん追尾しているトラックには運転士はいません。これをすることで、生産性が2倍3倍になり人出不足が解消されます。

このように、AIは産業界の一人当たりの生産性向上をもたらし経済規模の拡大する効果があります。

一部で言われていることは、2035年には労働生産性が40%向上するとも言われています。
これは、何を意味するかと言いますと、労働者の給与が最大40%上がると言うことです。
この流れについていけなければ、働き手が集まらず、事業規模縮小ひいては人出不足倒産も考えられると言うことです。

いかがですか? AIの動向を注視し、自社の労働生産性向上対策をつねに考えることが必要ですね!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本     部:福岡市博多区博多駅前4-14-20-902
大分事務所 :大分市大平610
  VQS株式会社 代表取締役 大石博明
    福岡中小企業経営者協会会員
    福岡市倫理法人会会員
     tel/fax  0120-143-936
     直通連絡 080-5288-7326
     HP:http://asset-ad.net/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆