事業計画作成指導

事業計画は企業の発展にとって重要です!

事業計画を作成し、その事業計画の進捗管理を行う。これが、企業発展させる重要なことです。事業計画を作成し、毎月その進捗確認と対策を立案実施する。成長している企業は必ずこの繰り返しを行っています。

これをやり続けることができるか否かが、企業発展の分岐点です。

事業計画を作成することの目的は、事業のコンセプト(概念)、事業ドメイン(経営活動を行う基本的な事業展開領域)を明確にし、SWOT分析(自社の強み弱み分析)、市場規模推定を行うことにより、事業展開の具体的な戦略(特定の目標を達成するために、長期的視野と複合思考で力や資源を総合的な事業の運用指針)戦術(戦略を実現するための短期的な行動指針)を決定することにあります。

 

事業計画の流れ

経営計画は、次の項目を検討作成していくことです。

1. 経営理念

経営理念は重要なパートです。社長がどのような思いで会社運営をしているのか、社員及び外部へのアピールです。

2. 事業コンセプト

当社はどのような会社なのか、一言で言えるまで考え方を昇華させる必要があります。当社は、【なに屋】ですか?

3. 事業ドメイン

どのような領域を営業範囲とするのか? 経営戦略として最も重要な項目です。

4. 市場規模推定

決定された事業ドメインは、将来有望な市場でしょうか? 事業ドメインの将来性を考えます。

5. SWOT分析と競合分析

事業ドメインに対する営業を行って行く場合の、当社の強み弱みを考えます。
また、競合企業調査も行います。

6. 行動指針

今までの分析を基に、明日の行動を考えます。この項目で、社員が明日何をすれば良いのかがわかるようにします。

7. 経営計画

計画を具体的な数字に落とし込みます。作成項目は下記のようになります。

  • 損益計算書
  • 人員計画
  • 投資計画
  • 資金調達計画

発展する企業は、毎期中期事業計画・単年度事業計画を作成し、毎月予算の差異について分析検討をじみちに行っている企業です。事業経営に、起死回生の手段はありません。

 

事業計画を作成してみませんか?

問題解決をご希望の方は、いますぐお気軽にご相談ください。相談は、【無料】です。