決算対策

決算は一年間の最終仕上げです

決算は一年間の最終仕上げです。利益を出し、健全な会社を作っていくことが重要です。
事業経営を行うについて、事業資金が必要です。
事業資金の源泉は、【銀行借入・資本金・一年を締めた最終利益】です。なかでも【銀行借入】に依存する割合が大きくなります。

【決算対策】は、【銀行対策】です。決算書、特に貸借対照表をどのように形成していくのか、長期的な戦略が必要です。

一般的に、経営者は損益については敏感になっていますが、貸借対照表については意外と気にしていません。会社経営は、損益を好転させ、貸借対照表(財産目録)をどのように作っていくのかを考える必要があります。

また、財務体質を強化するために、合法的な簿外資産の蓄積も必要です。

 

貸借対照表にはいろんな形があります

B/Sの”形”で安全性をイメージ
5つの箱の”形”で推測

強い会社から不安定な会社まで、決算対策を講じることにより、強い会社にしていくことが必要です。
問題解決をご希望の方は、いますぐお気軽にご相談ください。相談は、【無料】です。